2012年12月23日

スペイン旅行記5最終回アランダ・デ・ドゥエロ〜マドリッド

121222スペイン旅行記5アラン.jpg

美食の旅もそろそろ終盤。
ワイン関係者ぐらいしか泊ることがないのではという
アランダ・デ・ドゥエロで一泊し、前回も書いた昔
地下にワイナリーがあったレストランを訪ねました。

11月はキノコが旬で、濃厚な味わいのキノコ料理や
フォアグラなど赤ワインに合いそうなお料理を食べ
ようやく食事の加減が見えてきたと思っていたの
ですが、まだまだ甘かったですね。
最後にプリンを注文したら生クリームかアイスを
付けるか聞かれ、頼んだその付け合わせの量に撃沈。

翌日は午前中に最後のワイナリーを訪問後観光。
世界遺産のセゴビアへ、日本語の案内表示もあるほど
観光地で、修学旅行や遠足みたいな団体が多く
日本人の会話もちらほら聞こえてきました。

夕方ついた首都マドリッド。
北ルートの私たちはここが最終都市です。
高いビルと多い人、ログローニョにいたときに
ニュースで見た過激なゼネストの様子がよぎり
ちょっと最初は緊張モードだったけど、気づけば
この夜が一番お店を回っていたようで。

チョコラテ・コン・チュロスの店をスタートし
なんでも揃う都会の利点を生かしてガリシア料理店、
シェリーと熟成のイベリコ生ハムのバル、
シードルとセシーナ(牛のハム)のバル、
スペイン語でビールを頼んでみたいとY本さんの
がんばりをみんなで見守ったバル、
いいワインを注文したのにグラスにがっかりしたバル、
夜が更けても週末の新宿のような人ごみの
マヨール広場で保冷バックで販売していた
缶ビールで現地の人に交じってカンパイもして
最後はカラヒージョで〆ました。
…よく飲んだな。

次の日は早朝には出発して飛行機に乗り
見送るカワグチさんに託された段ボールに
詰められた6本のワインが私の2つ目の預け
荷物となりましたが、無事到着。

…但しワタシのスーツケースの1本のワインを除いて

成田の荷物受取レーンに乗った私のカバンが、
若干色が変わっていたのに遠目で気づき引き
寄せたそれを開けると形を失った湿った箱と
シャラシャラと砕けたガラスの音、染まる
荷物たちに唖然とする自分。
一応破損証明をANAで書いてもらったけれど
ワイナリーでお土産でもらったワインだった
ので、保険で降りるのはせいぜいスーツケース
のクリーニング代かもとのことでした。

手続きをしていたら、新千歳行きの出発が20分ほど
しかなく、東京のM田さんと函館のO形さんとゆっくり
お別れをする暇もなく札幌まで一緒だったY本さんと
慌ただしく乗り込み、昼過ぎには新千歳に到着しました。

札幌に戻ると雨から変わった雪が、
今年の1カ月ほど遅い初雪と聞き、
南ルートを満喫する方々をうらやましく、
寒かった感じがしたけれどやっぱり暖かった
のだなと異国の空気を懐かしみながら、
ワインに染まった荷物を洗たくする
自分なのでした。

おわり

最後まで読んでくださった方、ありがとうございます!
気持ちのよい旅のメンバーに恵まれ、楽しい旅でした。

来年はもっとブログを更新するべく自分に目標を掲げ、
さっぽろタパスのお店を巡り絵日記でお店を紹介する
「ヨウコングが行く!さっぽろタパスゆるゆる巡礼日記」(仮)を
連載したいと思います。月に2回を目標に、お店を巡り
ご紹介できたらと思います。そちらもお楽しみに〜!!

デュエロ川沿いモルシージャキノコとチョコレート
フォアグラと果物ソースアランダでのワインプリン
セゴビアの水道橋ペネデスマドリッドでのシードル
マドリッドでのワインマヨール広場でカンパイマドリッドでカラヒージョ
posted by ヨウコング at 13:16| Comment(0) | スペイン旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月19日

スペイン旅行記4ログローニョ〜リベラ・デル・デュエロ

121218スペイン旅行記4.jpg

夕食抜きでかなりお腹が減ったためか
朝のバル、昼のバスクコース料理を平らげ
のんびりしていたらログローニョに向かう時間が
迫っており、焦って向かう高速バス停留所。

そういえばサンセバスチャンではランニングを
している人がいっぱいいて、私も春からジョギング
を始めていたので、旅ランにチャレンジしたかった
けど荷物を抑えるため泣く泣くあきらめました。
世界的に健康ブームなんですねぇ。

ログローニョは赤ワインの名醸地リオハの
中心都市で割と大きな街でした。
そういうテーマパークがありそうな小さな店が
路地にひしめき合う通りで夜のバル巡り。
これならはしごしちゃうわと納得(笑)

ゼネストを明日に控え、ワイナリーを巡るのに
ミニバスの手配が難航していたようだけど無事
4軒のワイナリーを訪問できました。

1軒は1877年創業の
ボデガス R.ロペス・デ・エレディア・ヴィニャ・トンドニア

リオハで現存する最も古いワイナリー。
一歩中に入ると重厚感のある大樽に、
ワインの香りと熟成のこもった香りがする
薄暗い室内。
早口なガイドさんのおまけにスペイン語のツアーの
回だったので、何をしゃべっているのかはよく
わからなかったけれどクラシックな醸造所とは
対照的なモダンなテイスティングルームでワインを
試飲し、お昼はワイナリー紹介のレストランへ。
しっかりしたお料理に合わせるとテイスティング
より格段に美味しかった。

2軒目はバルコでも飲むことができる
ボデガス ムリージョ ビテリ

気さくなイニャキさんの環境に配慮し徹底して
無駄を省いたワイン造りのスタイルに感銘。
いつでも美味しく飲めるワインを目指すだけ
あってリオハのワインの中では優しい赤ワイン。
強い赤を好む人には物足りないかもしれないけど、
そんな経営スタイルがワインを通して繋がった
ことが収穫だなあ。

次の日はモダンな美術館のような
ボデガス パゴ・デ・ロス・カペジャーネス

広報担当のおねえさんがまず案内したのは
イメージビデオの観賞ルーム。
そして明るく整備された醸造所、熟成室を見学。
圧倒的なブランド力で、最近リベラ・デル・
デュエロで人気上昇中と言われると納得してしまう。
ワインもモダンでパワー系、日本だと倍以上する
と聞いては買わずにはいられない(笑)

最後は検索したけどカナがわからなかった
エ・ラガール・デ・イシヤ?(日本未入荷)

ここはもともと街中のレストランの地下にあった
ワイナリー。そこで前日に食事をしたので見学も
しました。こんな地下で、ワインを作ったら運ぶ
の大変だろうなー機械もないしと当時の苦労を
想像した上での郊外に移転した新しいワイナリー
は、ショップやホテルなどを併設した多角経営の
スタイル。見学後のテイスティングが面白く、
4つのワインを飲ませてくれたのですが、
それぞれにあうおつまみを考えて出して
くれるのです。
ワイン性格に合わせたおつまみのチョイスは
参考になりました。そしてここでも合わせて
くれたイチジクチョコにワインをまんまと
お買い上げ。

そうやって自分への液体土産は着々とスーツケースを
占領し、オットに頼まれていたサグラダファミリア
Tシャツなどすっかり忘れていたのです。

つづく

1カモ料理.jpg1シカ料理.jpg1ワイン2.jpg
1ワイン.jpg2ワイン.jpg3ワイン2.jpg
3ワイン.jpg4テイスティング.jpg4地下ワイナリー.jpg

posted by ヨウコング at 01:11| Comment(0) | スペイン旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月13日

スペイン旅行記3オンダリビア〜サン・セバスチャン

121213スペイン旅行記3オンダ.jpg

バルセロナを早朝に出発し、向かった先は北大西洋の街
オンダリビア。
車中、前夜のお持ち帰りが功を奏し、一緒に買ったパン
とともにいい朝食となりました。もらったワインも
美味しくいただきました。
やっぱり疲れてたんですねぇ。

美食の街として知られるバスク地方サン・セバスチャン
にも一泊したけれどその前にもっと小さな町にある
お城を改装したリゾートホテルに泊りました。

都会のバルセロナとは違った街の人が集うバルはそこが
初めてでまったりとチャコリ、ロゼ、シードルで
3軒はしごして、夜ごはんまでの間、
水上バスでちょっとフランスまで行ったりして、
そこでも1杯飲んで(あ、カフェオレね)
地中海とはまた違った海を観賞して過ごしました。

夜は、近所のレストランへ。
入口に書いたメニューを真剣な顔で覗き込む
カワグチさん。
食に関して常に真剣です(笑←チェック入りそう^^;)
バルセロナの思い出がトラウマになっている
私たちは本当はみんなで分け合って食べたい
ところだったのですがクラシックな感じの
お店だったのでスープかサラダを1品、メインを
1品それぞれ頼むことにしました。

…やっぱりガツン。
私は豚肉のローストだったのですが
お魚を食べていた女子たちに一口づつ
おすそわけをし完食に持ち込んだのでした。

後はマンガのとおり。
ホテル朝食で空いていないカヴァを見つけ、
さすがスペインと関心し飲んだりして欠かさず
飲んだせいでフラフラするなーと思ったら、
翌日移動したサン・セバスチャンの夜、
38度の高熱を出してしまったのです。
もちろん夕飯はリタイア。
あとからそのとき飲んだワインと料理が
美味しかったと聞かされても(T_T)
…あの関節の痛みは気のせいではなかったようで。

車中ワイン.jpgオンダリビアのバル2.jpgオンダリビアのバル1.jpgチャコリ.jpgピンチョ.jpgパラドール.jpgレストランワイン2.jpgレストランワイン1.jpg

つづく
posted by ヨウコング at 17:38| Comment(0) | スペイン旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月08日

スペイン旅行記2バルセロナ

121207スペイン旅行記2バルセ.jpg

夜の新千歳発、夜中の羽田発でまずフランクフルトに
到着。
そこから乗り継いでバルセロナに着いたのは出発から
20時間後でも朝の9時でした。タクシー2台で
とりあえず荷物を預けるためにホテルに向かい、
同じ名前の違うホテルに連れて行かれてしまったり
したけどなんとか無事チェックインもできて、
ランチを食べに出かけました。

バルセロナの街は都会で海が近い横浜みたいな感じで
海岸に向かう道沿いにあるテラスのあるレストランで、
パエリア3種魚介フリットや蒸し料理を食べ、
カヴァでカンパイし、さらにカワグチレーダーが
反応した白ワインを2本飲んだりして、気温が20度と
高いこともあったのでしょうね、長時間のフライト後
でもみんな元気でした。

そのあと最初は観光はオプションでないとやらないと
言っていたのに1人を除いてサグラダ・ファミリアに
全員行きたいと言ったため標準に組み込まれ、
塔内のエレベータの予約の夕方まで、海岸を散歩して
地下鉄でサグラダ・ファミリアに向かいました。

どーんと現れたガウディ最大の建築は、青空を横切る
クレーンの存在が印象的なそして花や果実?のような
レリーフが制作中で案外かわいい建物なんだなと
思いました。
中に入った時、窓から漏れる明かりで天井にできる
花柄のせいもあり暗い教会のイメージとは違い、
居心地のよい空間でした。

そのあと、夜の予約のレストランまで時間があったので
カヴァ専門のバルが前にあったというので向かいました
があいにく閉まっていたので別の店に入り、ビールを
飲みました。
大きく「Superdry極度乾燥(しなさい)」と書かれた
ウインドブレーカーを着た若者の背中が見えて、
いま流行っていると教えてもらい「The North Face」
もまー「北面」と同じなわけでアリなんだろうと
自分を納得させました(笑)

IMG_0235.jpg

そうやってようやく夜のお店に到着。
生ハムや総菜、加工食品、ワインなどが並ぶ
おしゃれな食料品屋さんの奥にキッチンスタジオの
ようなレストランスペースがあり、そこでワインと
料理を楽しむマリアージュコースが始まりました。

…が、あれだけお昼を食べておいて、途中でコーヒーも
ビールも飲んでそもそも昼夜連続レストランは
無理だったのでしょう。
パンコントマテ、どんぶりサイズのスープですでに
お腹がいっぱいになりがつーんとチーズとハム、
サラミ、加工肉の料理が続きあっさりノックアウト。
皆の手が止まり、次々に料理を出したい店員さんの目が
ちょっと怖かった^^;

いや決してマズイわけではないのだけれど
日本時間にして夜中の3時の食事とワインとしては
重かったということで翌日早くにバルセロナから列車で
移動するときに食べられるのではと可能な限り
お持ち帰りさせていただくことになりました。

お店の方は嫌な顔もせず、ついでにワイン用のコップ
まで近所のお店で買ってきてくれたりして
本当に申し訳なく思った初日なのでした。

IMG_0214.jpgIMG_0215.jpgIMG_0216.jpg
IMG_0217.jpgIMG_0222.jpgIMG_0226.jpg
IMG_0227.jpgIMG_0237.jpgIMG_0240.jpg
posted by ヨウコング at 15:14| Comment(0) | スペイン旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月06日

スペイン旅行記1

121206スペイン旅行記2.gif

カワグチさんのスペインのバルの話を聞くたびに
「いつか連れて行って!!!」と懇願するバルコの常連さんのために
実施されたこの「2012南北縦断ガストロツアー同好会」にまさか
自分も行けるとは思っていませんでした。(オットありがとう。)

バルセロナ-オンダリビア-サンセバスチャン-ログローニョ-アランダ・デ・ドゥエロ
-マドリッドまでの美食のバスクとリオハのワイナリーを巡る北コースと
デニア-ムルシア-グラナダ-ロンダ-サンルカル・デ・バラメダ-セビリア
-マドリッドの地中海の魚介と本場生ハム、シェリーを楽しむ南コースの2つがあり
全部参加する人はバルコの常連さん3名(早期決定)、北コースが自分を含め4名
で計7名の参加。

「次にヨーロッパに行くならスペインだね!」そう旅&飲み友のM田さんと
話したのが10年前のイタリア旅行のときで、その年にワタシは札幌に来たんだったっけ。
…そのときも「この先旅行なんてもう行けないから!!最後!」
と一足先に札幌で単身赴任をしていたオットを説得したんだった
…一体何回最後があるんだろう、ははは(汗)

M田さんに「こんな旅行があるんだけど行かない?」とメールしたら
即OKの返事でちょっと私が説得にもたもたしたせいで8月に申し込んだときは、
安い時期のフライトチケットが最後の1席だったとカワグチさんから教えてもらい、
あぶないところでした。

その段階で5名、20年来スペインに憧れていたというY本さんとその元同僚のO形さんが
北コース希望ということで7名で締め切りとなったようです。
確かにあんまり大勢だと移動が大変だし、実際8名ですらバルに入ると「日本人の店か」と
イヤミも言う他のお客さんもいたそうでちょうど良かったかなと思います。

そういえばせいぜい全然初級者じゃない翼くんのNHKスペイン語講座を数回見たのみで、
カワグチ氏著書の指さし本も忘れてしまい、カワグチさんがオーダー時連呼するので
まず覚えた単語は「ocho(オーチョ=8)」でした(笑)

つづく
posted by ヨウコング at 22:39| Comment(0) | スペイン旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月03日

スペイン旅行記プロローグ

121203スペイン旅行記1プロロ.jpg

FANK FUJIYAMA なイメージでいうと

11月9〜18日までスペインに初めて行ってきました。
やっぱり本場のBAR(バル)に行ってみないとねということで。
たまにバルコに「Hola〜!」と言って入ってくるお客さんに
抵抗があったんですが、これで免疫ができました(笑)

行く前のスペインのイメージはイラストのとおり。

えーびばでいSAMURAI SUSHI GEISYA〜♪

と同じようにそんなにそこいらにフラメンコを
踊っている人がいるわけではないのだと
案内人カワグチ氏に教わることばかりでした。

つづく
posted by ヨウコング at 11:05| Comment(2) | スペイン旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。