2010年04月09日

10年前のイタリア旅行記 part7

200011ビビりのイタリア旅行7.gif

結局添乗員さんのおススメのお店がお休みだったため
ガイドブックのリストランテにてお食事
まぁこんなものかしらって感じでした(たしか)
やっぱりそれなりの料金を払わないと
珍しいものは食べられないのねと再確認したわけで

この絵をみると見晴らしがよく立地のよい
お店だったようです(棒読み)



夕食はモチロン朝食のお粗末さ
最寄駅が遠いホテルの立地
日没が早い11月という活動できる時間の短さ

3大条件がこのツアーの安さの秘密でした
このままじゃイタリアが嫌いになってしまう
こんなはずじゃないとその2年後にリベンジを決行
ワタシに至っては2009年にも家族で
3度目のイタリアに行ってしまったのは
トレヴィの泉でコインを毎回投げているからなのかは
わかりません


おわり



posted by ヨウコング at 12:00| Comment(0) | イタリア旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月08日

10年前のイタリア旅行記 part6

200011ビビりのイタリア旅行6.gif

おもいっきり実名が出てますが
10年の歴史とともに個人情報としての価値は
低いと勝手に判断しそのまま掲載

ああまた都会に帰ってきてしまった…
そんなちょっとナーバスな思いだったのですが
ローマはキリスト生誕2000年祭で様々な人種の信者があふれ
異様な風景でした
25年に一度だかしか開いていないというサン・ピエトロ大聖堂の
「聖なる門」は通ることでこれまでの全ての罪が帳消しになる
そうで罪多き人たちを快く受け止めていました
またそんな人をターゲットにジプシーたちが集まり
その年一年はそうやって繰り返していくんだろうなと思いました

翌日の最終日は完全フリータイム
若気の至りか貧乏人の悲しい性か
オプション料金に過敏に反応する小市民のワタシたちは
ローマ2日目のヴァチカン美術館のオプショナルツアーは
手をあげず自力で向かうことにしました

そして食への満足が未だ得られていないのに
このままイタリアを離れたくないと思い立ち
添乗員さんにレストランの予約をお願いしてみました

次回はいよいよ最終回
満足いく料理は食べられたのか?はたして…?
 

posted by ヨウコング at 12:00| Comment(0) | イタリア旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月07日

10年前のイタリア旅行記 part5

200011ビビりのイタリア旅行5.gif

引き続きまだまだ都市めぐり

そういえばこのツアーにするにあたり
こんなに激しく10日あまりで都市を巡るツアーが
海外にもあるのかと疑問になったことがありました

例えるなら

東京2泊(ミラノ)
金沢1泊、飛騨高山、富士山をめぐり(ベニス、ラベンナ、サンマリノ)
古都京都で2泊(フィレンツェ)
奈良、和歌山1泊でまわり(サンジミアーノ、シエナ、アッシジ)
大阪2泊(ローマ) 

…みたいな駆け足で日本半周するみたいなツアー
海外でもあるのか知りたくて
フィレンツェだったか旅行会社をのぞきこんだりしました
パンフレットだけでも手に入らないかな…なんて
posted by ヨウコング at 12:00| Comment(0) | イタリア旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月06日

10年前のイタリア旅行記 part4

200011ビビりのイタリア旅行4.gif

旅行記といってもほとんど人間観察の記録だなと
あらためて思います(笑)

前回の予告のとおり
ツアー食のレベルを知ったワタシたちは
フィレンツェという徒歩圏で回れる都市ならばと
独自で食事をすることにしたのです

10年前のインターネット検索で集めた情報は
いまのような多様性もそんなにはなく
ひたすらyahoo掲示板で集めたものでした

そしてこんな恥ずかし旅行記連載に促され
当時まだ簡単に作成できなかったホームページを開設し
日記を更新していたこの旅の同行者友人のERIさまが爽やかに
当時の文章を便乗公開してくださいました
ぜひそちらもご覧ください(笑)
posted by ヨウコング at 22:51| Comment(0) | イタリア旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月01日

10年前のイタリア旅行記 part3

200011ビビりのイタリア旅行3.gif

よかったな〜ラベンナ、サンマリノ共和国

荷物とともにカラダを運んでくれるのはラクだし
次々と案内をしてくれるツアー旅行は
予習不足なワタシらにはありがたかったですが
渋滞で夜中にフィレンツェについたのに
パサパサの食事が用意されていたのはさすがに悲しかった…

次はフィレンツェ「もうツアー食はごめんだ」編へ
posted by ヨウコング at 08:52| Comment(0) | イタリア旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月29日

10年前のイタリア旅行記 part2

200011ビビりのイタリア旅行2.gif

それはお天気のせいだから

と言ってしまえばそうなのだろうけれど
それにしてもベネチアの印象は悪かったな
もう2度と行かなくていいと思ったほど

観光地の陽気でなれなれしい接客は
冷たいよりはましかと聞かれれば
「同じぐらい痛い」と答えてしまう

次回は小都市を経過しフィレンツェへ
 
posted by ヨウコング at 08:45| Comment(0) | イタリア旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月27日

10年前のイタリア旅行記 part1

少し前に掃除をしていて
2000年に初めてイタリア旅行したときの絵日記を発掘。

かなり恥ずかしいですが懐かしさが勝ったので公開します。
当時はデジカメも普及しておらず写ルンです時代。
ブログなんて言葉もなくて持参したスケッチブックに
ちょいちょいと描きためたものでした。

200011ビビりのイタリア旅行1.gif

都会ミラノからスタートしたパックツアーに
当時イタリアは食べ物にハズレなしと
幻想を抱いて友人と申し込んだものです


【上の絵】
あんまりブランドに興味はなかったけど
一人でツアーに参加していた女性に誘われ
ミラノのプラダに行ってみたものの
愛想という言葉はイタリアにはないものかと思うほど
ワタシら冷たかった店員

【右下の絵】
バールでの夕食内容
エスプレッソ、パニーニ

11月のイタリアは暗くなるのも早く
お店も早々に閉まりとても心細かったことを思い出します


次回は雨のベネチアへ
 
posted by ヨウコング at 12:31| Comment(2) | イタリア旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月01日

イタリア旅行記番外編 ミラノ地下鉄

090501ミラノ券売機.gif

1月に行ったイタリア旅行を
掘り返してしまいすみません。

今回の旅行は動画をちょいちょい撮っていたので
久々にYouTubeにアップしてみました。

イタリアの券売機は金を先には受け取らない紳士なタイプ



妹マコングの機転に感謝
posted by ヨウコング at 16:22| Comment(0) | イタリア旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月02日

イタリア旅行記ミラノ5 最終回

090202ホントの最後の晩餐

まさかの大雪で飛行機が飛ばず翌日の便に持ち越しとなり
再びミラノの同じホテルにもどることになりました

15時という中途半端な時間にトラム(路面電車)に乗って
街には出たけどミラノってあんまり食べ物期待できないし
適当なレストランで食事をすませ早々にホテルでぐったり

P1070142.JPG
トラムに乗ろうとするミキジーとトヨコン(左下)


着替えとかテンションとか最終日に向けて
調整してきたのにまさかの延泊
それも明日飛行機が乗れる保障なんてない
そんな状況じゃもう盛り上がれないでしょてなもんで

これが冬のヨーロッパ旅行のリスクなのかと実感したわけです
そんなときに限って旅行保険に入っていないし
それでも札幌に帰る便は到着日に翌日の夕方にしていたので
なんとか翌日の便でもその時間に乗れて間に合ったのは不幸中の幸いでした



・・・いやーいろいろ盛りきれない、いや盛り込めないエピソードは
あったんですけどこのあたりで止めておきます(笑)

振り返るともっとエノテカとか行ってみたりして地元ワインを
堪能したかったなぁと思う反面、家族だからボトルでいろんなワインを
飲むことができたのでそれはよかったなと思いました

でも旅行の食事は明らかに野菜不足
味付けがトマト、チーズ、オリーブオイルという単調さもだんだん飽きて
カレーやラーメンやお好み焼きがメニューが選べる
日本食が恋しくなりました

ミラノ→ミュンヘン→成田→羽田→新千歳→札幌と
長い一日で家に着いてまず食べたのは餃子
青臭いねぎ、ニラ、ショウガ、にんにくでビール・・・うまかった

やっぱり日本は食の幅が広いと再認識するのでした

おわり



つまらない旅行日記にお付き合いいただきありがとうございました〜
次からは通常更新でーす
posted by ヨウコング at 23:19| Comment(2) | イタリア旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月29日

イタリア旅行記4 ベネチア〜ミラノ

090129ベネチアミラノ

4日目はフィレンツェからベネチアに立ち寄り観光して
その日のうちにミラノに移動

冬のベネチアはあんまり期待をしていなかったのですが
冷え込む寒さはあるものの天気がおだやかだったため案外よかったです。
期待や目標は小さいほうが気軽に満足感や達成感を
味わえるなと思いました。

今回のツアーはほとんど食事がつかず毎回何を食べるかでもめたのですが、
昼食はイカ墨パスタを食べてワインはソアベかしらと目論む
ワタシの意見は却下され、ロールサンドイッチみたいな軽食を食べました

でもまぁミラノに向かう途中のおみやげ屋で
掘り出しのスーパートスカーナ(ワイン)を買えたのでまあいいか

夜にミラノに着き、このツアー二度目の団体食で
偶然地元が近い人たちとテーブルが一緒になり
国道16号線は朝晩混むなどどかなりローカルな話題で盛り上がりました

5日目は午前中何年来との珍しい雪景色のミラノ観光をして
午後の自由行動は予約をしていたダビンチ作の最後の晩餐のある
サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ修道院へ地下鉄で向かいました
ダビンチの緻密な計算にもとづく遠近法は、非常に説得力があるなと
レンタルした日本語イヤホンガイドを聞きながら思いました

その後ミラノ中心地に戻り自由行動&夕食。
1月6日はイタリアの祭日のため、かなりのお店が閉まっているという情報は
やっぱり添乗員さんの3割増情報なのか普通に開店しにぎわいを見せていました。
ギラギラとセールを強調するデパートの装飾を見ていると
都会はどこも一緒だなと思うのでした

ローマでブランドバーゲンを見損ねたマコングにつきあって
トヨコンと3人でグッチやプラダに入りましたが
買ったところでカードの支払いが恐ろしく、手を出せませんでした

夕食はもう冒険せず日本語メニューのあるガレリア内のレストランへ
ミラノ風リゾット、ミラノ風カツレツと地名がつくものは食べておきたかったんです
ワインが高いので1本しか飲まずホテルに戻り、イタリア最後の晩餐のつもりで
部屋で近所のスーパーで買ってきたワインやビールを空けたのですが



まさか飛行機が欠航になるなんて・・・

つづく
posted by ヨウコング at 09:26| Comment(0) | イタリア旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月24日

イタリア旅行記3 フィレンツェ

090123冷静と情熱のあいだ

3日目はフィレンツェに移動して1泊滞在と観光をしました

あ、わたし実はイタリアって3度目なんですけど
ウフィツイ美術館は毎回行っていますが、今回ついたガイドさんは
かなり特徴的でした、ものすごい絵画や思想に関して主観的な要素が
あり、納得の部分とそういう考えもあるかもといろいろ考えさせる
方でした。そんなにラファエロを嫌わなくても・・・
確かにミケランジェロはすごいかもしんないけど
といちいちワタシの中で葛藤がありましたが、
芸術は数学であり物理だといった言葉は漠然と
理解できることもあり楽しめました。

そうそう今回のツアーで驚いたのはガイドが無線だったこと。
成田のツアー受付カウンターで無線のイヤホンガイドを人数分
渡され、滞在中はそれを使用してのガイドでした(時代はかわるなぁ・・・)



白熱したガイドで予定よりも遅い通過ポイントお土産屋さんに到着し
待ち構えた実演販売できちんとお金を落とすトヨコン

これからあの皮製メディチ家の家紋入りゴミ箱を
実家に帰った際には目にするのかと想像し
しかし見るたび旅の思い出がよみがえり楽しませてくれるとしたら
決して15ユーロは高くないのかもしれないと
思ったりもするのでした

フィレンツェ2

フィレンツェ1

つづく
posted by ヨウコング at 00:00| Comment(0) | イタリア旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月19日

イタリア旅行記2 ローマ

090119ローマの休日

ローマ初日、到着はもう夕方だったので
「冷凍食品」と日本語で書かれたなんとも正直な
ホテルのレストランメニューから
ピザとパスタを選び食事をしました。
あ、意外とワインがイケてました。
(ワインと食事は基本こちらでアップしますんでよろしく)

だもんで、2日目のローマ自由行動の外食は外したくなかったんです。
でも、添乗員Oさんからは真っ向否定・・・



スペイン階段

・・・そのアドバイス直後しばし家族会議がスペイン階段で展開しました。

マコング
「せっかく年始バーゲンなんだからブランドみたーい」(るるる)

コージー
「真実の口いきたい」(オレの計画聞いてくれ)

ミキジー
「そんな危険なところにわざわざ食べに行く必要ないんじゃないの?
ホテルで食べればいいじゃない、おかーさんからもいってくれっ!!」(怒)

トヨコン
「・・・・」(とりあえず黙秘)

ヨウコング
「じゃいいよ、もうホテルで」(切れ気味)


といった状態。気まずい空気が流れたわけですが
結局タクシーで目的のトラットリアに向かったわけです。

なかなか5人乗りができるタクシーが来ないため
2台に分かれて乗ったのですが、
それもミキジーの不安をかき立てたことはいうまでもありません。

結局着いたら着いたで酒を飲めばひとまとまりなるのんべ一家なんです
料理、ワインは安くて庶民的で、5人乗りタクシーも呼んでくれるし
全然イケてました。あの不安はなんだったんだろうてなもんで。

きっと添乗員さんは職業柄、3割増し不安要素を言うもんなんだわ
と思いました。
でもビビリ一家なんで、あんまり驚かさないでほしかったなと


おまけ

ツアーの見学は平穏無事だったんだけどね

サン・ピエトロ大聖堂
サン・ピエトロ大聖堂

トレビの泉
トレビの泉

つづく
posted by ヨウコング at 22:19| Comment(3) | イタリア旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月15日

イタリア旅行記1 プロローグ

090115イタリア旅行記1

さ、ぼちぼちはじめますか…ってことでまずは総評イラストから
ほんとツアーって荷物持たないし楽だわってことが印象強くて


年明け出発だとヨーロッパは安い!
という情報が妹マコングより入ったのは、2008年初秋のことでした

かねてからNHKイタリア語講座を録画し繰り返し見ていた母トヨコンを
「イタリアに連れて行ってあげたい!(←泣かせるね)」
とのマコングの言葉は、
退職を決めて自由はあるものの蓄えにかなりの不安が残る
ワタシにとって非常にハードルの高いものではありましたが、
お金よりも機会と思いたち参加を表明。

最初はてっきり3人で行くものと思っていました。
メールのやり取りのうちに「え?5人…て」と思ったら
父ミキジーと兄コージーも参加エントリーしていました。

これまで家族全員旅行なんて国内でも記憶がなかったので
よりによって海外旅行で初集結するとはと驚きました。

ところで正月にイタリア旅行に行ってきました♪なんて
まるで毎年海外に行ってるんじゃねーのと
リッチな風に聞こえていましたら
それはとんでもない誤解です(思わないか)

なんっつても初ですから、
そして2度目は恐らくないでしょうから

旅行はタイミングが合わないと絶対実現はしないとおもうんですよね、
それってすごい貴重な機会だと思ったんで行ってみようと思ったんです

…しかし確かに貴重な機会でした
身内5人の団体行動がこんなにも大変だったとは

つづく
posted by ヨウコング at 23:52| Comment(2) | イタリア旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月02日

いざ出発

090102ヨウコング一家

妹マコングの思わぬ提案で実家家族全員で
旅行に行くことになりまして
しばしブログはお休みします



posted by ヨウコング at 00:00| Comment(3) | イタリア旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。